第50回武蔵野市新型コロナウイルス感染症対策本部会議(令和3年1月13日開催)

このページの情報をツイッターでツイートできます

ページ番号1031134  更新日 2021年1月14日

印刷 大きな文字で印刷

第50回武蔵野市新型コロナウイルス感染症対策本部会議において、次のとおり協議した。

開催日時:令和3年1月13日(水曜日) 午前11時~正午

開催場所:武蔵野市役所 対策本部室

令和3年1月7日(木曜日)に新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が発出されたことにより、同法に基づく感染症対策本部に移行した。今回の会議から、消防団長が本部員として加わった。

前回の会議(第49回)にて決定した事項について、政府の「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針(令和3年1月7日変更)」及び、東京都による「新型コロナウイルス感染拡大防止のための東京都における緊急事態措置等」を踏まえて、実施していく。

協議事項

感染者数の急増及び保健所による濃厚接触者の特定調査等の対応状況が変わっていることを鑑みて、市職員等、市施設等及び市が当該事業について指導監督権限を有している施設等において検査陽性反応者が発生した場合の公表に伴う運用について改めて検討を行う。

報告事項

1 緊急事態宣言発出に伴う新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく対策本部の設置について

1月7日(木曜日)に、政府対策本部長(内閣総理大臣)から東京都を区域とした緊急事態宣言が発出されたことに伴い、市において、新型インフルエンザ等対策特別措置法第34条第1項の規定に基づき、1月8日(金曜日)から2月7日(日曜日)の期間で新型コロナウイルス感染症対策本部を設置する。

2 市民活動推進課の事業について

  1. 1月21日(木曜日)に開催予定の非核都市宣言平和事業実行委員会については、書面開催に変更する。
  2. 行政相談は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大が一定程度鎮静化するまでの間、中止する。中止期間中の相談は、東京行政評価事務所の相談窓口を案内する。

3 くらし地域応援券事業の準備状況について

取扱加盟店について、1月12日(火曜日)時点で624店舗から申込みがあった。武蔵野商工会議所が市商店会連合会と協力して事業者を募集中。職員も市内の事業者を個別訪問し、制度の説明及び加盟店への申込みを依頼した。

4 市内介護保険事業所における新型コロナウイルス感染症PCR検査陽性反応者の判明について

  1. 1月9日(土曜日)に、市内介護保険事業所(訪問介護(ホームヘルプサービス))の職員1名及び1月10日(日曜日)に同事業所の利用者1名について、PCR検査の結果が陽性と確認した。保健所による調査の結果、事業所職員に濃厚接触者が確認されなかったことから、通常どおりの介護保険サービスの提供を実施した。なお、3名の利用者について濃厚接触者と判断されたが、PCR検査の結果、いずれも陰性と判明した。
  2. 1月10日(日曜日)に、市内介護保険事業所(通所介護(デイサービス))の職員1名及び利用者1名について、PCR検査の結果が陽性と確認した。保健所による調査の結果、2名の職員について濃厚接触者と判断されたため、PCR検査を実施するとともに、1月15日(金曜日)まで事業所を休業すると報告を受けた。
  3. 1月9日(土曜日)に、市内介護保険事業所(認知症対応型共同生活介護(認知症グループホーム))の職員1名について、PCR検査の結果が陽性と確認した。保健所による調査の結果、事業所職員における濃厚接触者は確認されなかったことから、通常どおりの介護保険サービスの提供を実施した。また、利用者2名について濃厚接触者と判断されたため、保健所の指導に沿って対応する。

5 市内障害福祉サービス事業所における新型コロナウイルス感染症抗原検査陽性反応者の判明について

1月10日(日曜日)に、社会福祉法人武蔵野が運営する障害福祉サービス事業所(生活介護・グループホーム)の利用者1名について、抗原検査の結果が陽性と確認した。保健所による調査の結果、利用者及び職員に濃厚接触者は確認されなかったため、保健所の指導に沿った対応をしながら、障害福祉サービスの提供を実施した。

6 市立認可保育所における新型コロナウイルス感染症PCR検査陽性反応者の判明について

  1. 1月7日(木曜日)に、市立認可保育所の職員1名について、PCR検査の結果が陽性と確認した。保健所による調査の結果、2名の関係者が濃厚接触者と判断されたため、保健所の指示により自宅待機としている。保健所と連携し、適切な対応を図りながら保育を実施した。
  2. 1月7日(木曜日)に、市立認可保育所の職員1名について、PCR検査の結果が陽性と確認した。保健所による調査が行われる予定である。保健所と連携し、適切な対応を図りながら保育を実施した。

7 市立小学校における新型コロナウイルス感染症検査陽性反応者の判明について

  1. 1月6日(水曜日)に、市立小学校の教職員1名について、PCR検査の結果が陽性と確認した。保健所による調査の結果、校内に濃厚接触者は確認されなかったため、通常どおり授業を実施した。
  2. 1月7日(木曜日)に、市立小学校の教職員1名について、PCR検査の結果が陽性と確認した。保健所による調査の結果、校内に濃厚接触者は確認されなかったため、通常どおり授業を実施した。
  3. 1月7日(木曜日)に、市立小学校の給食室に勤務する一般財団法人武蔵野市給食・食育振興財団の職員1名について、PCR検査の結果が陽性と確認した。保健所による調査の結果、校内及び関係者に濃厚接触者は確認されなかったため、通常どおり給食を提供した。
  4. 1月11日(祝・月)に、市立小学校の教職員1名について、抗原検査の結果が陽性と確認した。1月12日(火曜日)に学級閉鎖を実施したが、保健所による調査の結果、校内における濃厚接触者は確認されなかったため、1月13日(水曜日)から学級を再開した。
  5. 1月12日(火曜日)に、市立小学校の関係者について、PCR検査の結果が陽性と確認した。保健所による調査の結果、校内に濃厚接触者は確認されなかったため、通常どおり授業を実施した。

8 その他

国通知「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言」、「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」、東京都通知「新型コロナウイルス感染拡大防止のための東京都における緊急事態措置等」、「緊急事態宣言に伴う催物の開催制限、施設の使用制限等に係る留意事項について」について情報共有をした。

本部長発言

緊急事態宣言が発出され、今後1都3県のみならず、他府県にも拡大していくとみられている。新型コロナウイルスは、無症状の感染者からの感染拡大もみられる状況であるため、「感染をしない、感染を拡大させない」という一人ひとりの心掛けをさらに強めてほしい。

また、11日の会見で、世界保健機関(WHO)は、「新型コロナウイルスのワクチン接種が進んでも、集団免疫の獲得は2021年中に達成できない」と言明したとの報道があった。市としてもワクチン接種体制を推進していくが、ワクチンを接種したとしても、すべて以前のような生活に戻ることは当面難しいという認識を持ったうえで引き続き対応に取り組んでいきたい。

(注意) 本対策については、今後の感染症動向の変化に伴い、対策本部において適宜見直す。

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページについてご意見をお聞かせください


このページに関するお問い合わせ

防災安全部 安全対策課
〒180-8777 東京都武蔵野市緑町2-2-28
電話番号:0422-60-1916 ファクス番号:0422-51-9184
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。