第18回武蔵野市新型コロナウイルス感染症対策本部会議(令和2年4月10日開催)

このページの情報をツイッターでツイートできます

ページ番号1028224  更新日 2020年11月6日

印刷 大きな文字で印刷

第18回武蔵野市新型コロナウイルス感染症対策本部会議において、次のとおり協議した。

開催日時:令和2年4月10日(金曜日)午後3時~4時

開催場所:武蔵野市役所 対策本部室

決定事項

新型コロナウイルス感染症のまん延防止に向け、都知事から4月10日「緊急事態措置」が発表された。「緊急事態宣言」の間、市民の皆様にご不便をおかけすることとなるが、感染拡大防止、早期の感染終息により市民の皆様の生命・健康を守るため、国や都と連携し対策を進めるべく、次のとおり決定する。

  1. 緊急事態宣言の間、外出しないことを周知する横断幕を、市役所、吉祥寺駅、三鷹駅北口及び武蔵境駅の前などに設置する。
  2. 緊急事態措置による対応を求められる施設について、市の施設も同様の対応を行う。
  3. 国が妊婦に対して布マスクを月に2枚配布する事業について、市に到着次第、配布できるよう準備を始める(市内対象者約1,300名)。
  4. 国が実施する「生活支援臨時給付金(仮称)事業」について、国からの詳細な情報は届いていないが、総務省によれば「実施主体は市区町村」とされ、市民の関心も非常に高いため、情報収集を行う。
  5. 緊急事態宣言の間、市立の子ども関連施設(民間の認可保育所及び地域型保育施設を含む。)と市の福祉施設等については、関係者以外との接触を避けるため、取材や視察等を受けないこととする。その他の市の施設については、取材や視察者等が万全な感染防止対策を行うことを条件として対応を検討する。財政援助出資団体、民間の子ども関連施設、福祉・介護施設についても、本決定を踏まえた対応を要請する。取材対応については、必ず秘書広報課と共有すること。
  6. 職員または同居の家族等が感染、もしくは感染の疑いがある場合は、速やかに所属長に連絡すること、職員自身の健康管理を徹底することについて、再度周知する。
  7. 緊急事態措置期間中の入札・契約事務手続きは、都の対応に準じ、原則緊急に対応が必要な案件以外は行わない。
  8. 4月13日(月曜日)から、市役所1階収納窓口の業務時間を、午前9時~正午、午後1時~3時とする。
  • 本対策については、今後の感染症動向の変化に伴い、対策本部において適宜見直しを実施する。

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページについてご意見をお聞かせください


このページに関するお問い合わせ

防災安全部 安全対策課
〒180-8777 東京都武蔵野市緑町2-2-28
電話番号:0422-60-1916 ファクス番号:0422-51-9184
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。