第1期武蔵野市国民健康保険財政健全化計画を策定しました

このページの情報をツイッターでツイートできます

ページ番号1025108  更新日 2019年10月11日

印刷 大きな文字で印刷

 国保事業の運営は、市の特別会計として一般会計と区別して行っていますが、支出(医療費・保健事業費など)に充てる収入(保険税など)は不足しており、現在はその不足額を補てんするために、一般会計からの繰入れを行っている状況です。一般会計の財源は、国保加入者以外のかたからの税金も多く含んで構成されているため、負担の公平性が損なわれる状況となっています。
 このような状況から、国保の財政運営主体である東京都から、一般会計からの不足額の補てん(赤字繰入)を計画的・段階的に解消・削減することが求められ、このたび「第1期国民健康保険財政健全化計画」を策定しました。今後は、この計画により財政健全化に向けたさまざまな取り組みなどを一層進めていきます。

 詳しくは、市報10月15日特集号をご覧ください。

本書・概要版を閲覧できる場所

 保険課

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページについてご意見をお聞かせください


このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 保険年金課
〒180-8777 東京都武蔵野市緑町2-2-28
電話番号:0422-60-1834 ファクス番号:0422-51-9301
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。