令和2年度第2回企画展「武蔵野の地名」

このページの情報をツイッターでツイートできます

ページ番号1029753  更新日 2020年7月22日

印刷 大きな文字で印刷

令和2年度第2回企画展を開催します。

このイベントは終了しました。

企画展フライヤーオモテ面写真
企画展「武蔵野の地名」フライヤー
開催期間

令和2年7月25日(土曜日)から令和2年9月24日(木曜日)まで

開催時間

午前9時30分 から 午後5時 まで

対象

小学生、中高生、大人、高齢者

開催場所

武蔵野市立武蔵野ふるさと歴史館 第二展示室(企画展示室)

内容

地名は、何故つけられたのでしょうか。
民俗学の創始者の一人である、柳田國男は以下のように述べています。

「申すまでもなく地名は人の附けたものである。日本の地名は日本人の附けたものである。前住民が附けたとしても少なくとも吾々の採用したものである。新たに附けるのも旧称を採用するのもともに人の行為である。すでに人間の行為であるとすれば、その趣旨目的のないはずはない。」
(『柳田國男先生著作集 第二冊 地名の研究』実業之日本社昭和22年(1947)10月15日発行より。)

柳田の言うように、地名の起こりを考えると「趣旨目的」なく名前が付けられた訳ではないと考えられます。つまり、武蔵野市域の地名は、ここに住む人々の、その時々の考えによって命名されたものなのです。

本展では、武蔵野市域で呼びならわされ、使われてきた様々な地名を紹介します。この中には現在も使われているもの、既に使われなくなったものが存在します。その「趣旨目的」を探ることが困難になっているものもあります。
地域の歴史・文化を含む市域の地名について改めて考えていただき、ご観覧の皆様の新たな知見となれば幸いです。

休館日
金曜日、祝日、特別休館日
交通案内
JR中央線、西武多摩川線武蔵境駅から徒歩12分
ムーバス 境西循環 0番停留所「武蔵境駅北口」から乗車し、

4番停留所「武蔵野ふるさと歴史館」下車 徒歩すぐ。
(注意)自動車や大型バイクでのご来館はご遠慮ください。
障害をお持ちのかたなど、自動車でのご来館を希望されるかたはご相談ください。

費用
無料
その他
[入館に際してのお願い]
入館に際しては「ご利用者カード」へのご記入をお願いいたします。
入館に際してはマスクの着用をお願いいたします。
個人見学に限らせていただきます。団体での見学はご遠慮ください。
咳エチケット、手洗いや手指消毒にご協力ください。
館内では他の見学者のかたとの距離を開けるなど、ご配慮をお願いいたします。

企画展「武蔵野の地名」フライヤー ウラ面

武蔵野ふるさと歴史館 地図

地図

イベント情報をiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページについてご意見をお聞かせください


このページに関するお問い合わせ

教育部武蔵野ふるさと歴史館
〒180‐0022 東京都武蔵野市境5-15-5
電話番号:0422-53-1811 ファクス番号:0422-52-1604
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。