むさしの発見隊「武蔵野動物観察隊4 野鳥の羽でグッズ作り」

このページの情報をツイッターでツイートできます

ページ番号1045398  掲載日 2023年10月6日

印刷 大きな文字で印刷

武蔵野市周辺に生息する野鳥の羽を用いて、自分でデザインしたグッズ(ピンブローチ・ハットピン)を作ります。

このイベントは終了しました。

フライヤー(オモテ)の写真
むさしの発見隊「武蔵野動物観察隊4 野鳥の羽でグッズ作り」フライヤー(オモテ面)

詳細

開催日

令和5年11月19日(日曜日)

開催時間

午後1時~4時

(注意)荒天の場合は、令和6年2月25日(日曜日)に延期します。天候による実施の判断については、原則として前日中にご連絡します。

対象

小学生、中高生、親子

市内在住・在学の小学5年生~中学3年生

開催場所

日本獣医生命科学大学付属博物館(武蔵野市境南町1-7-7)

内容

武蔵野市にはたくさんの野鳥が暮らしています。身近な野鳥であるカラス・ドバト・キジバト・ムクドリ・カワウの羽に触れながら、それぞれの剥製を観察し、羽の特徴について学びます。

野鳥の羽について学んだ後は、お気に入りの羽を材料にしてグッズ(ピンブローチ・ハットピン)を作ります。羽の特徴にあったビーズを選んで、オリジナルのグッズを作りましょう!

定員

10名 (中学生優先、定員を越えた場合抽選)

申込制(抽選)

申し込み

事前申し込みが必要です。

定員を超えた場合は抽選を行います。

下記の専用フォームからお申込みください。

  • 迷惑メール対策等をしている場合は、「elg-front.jp」から連絡が届くように設定してください。
  • お申込みいただいた方には (1)お申込み完了時点 (2)当落のご連絡 の2、確認のメールが届きます。ご自身のメールアドレスをお間違いの無いようお申込みください。
  • キャリアメール(xx@docomo.ne.jp、xx@au.com、xx@softbank.ne.jp など)には返信が届かない場合がありますのでそれ以外のメールアドレスをご利用ください。返信がない場合は、一旦迷惑メールフォルダを確認の上、当館までご連絡ください。
  • 抽選結果のお知らせまで、締切日より数日お時間をいただきます。ご了承ください。

[申し込み締切日:令和5年11月5日(日曜日)]

申し込みは終了しました。

講師
石井 奈穂美 氏(日本獣医生命科学大学付属博物館学芸員)
廣瀬 光子 氏(日本獣医生命科学大学付属博物館学芸員)
日本獣医生命科学大学付属博物館
2015年に「日本獣医生命科学大学付属ワイルドライフ・ミュージアム」として開館。2023年4月からは獣医・畜産・生命科学の総合博物館をめざして「日本獣医生命科学大学付属博物館」に名称を変更。国の登録有形文化財(建造物)である校舎にて、大学の歴史や野生動物の剥製を展示中。(見学は事前予約制)
主催
武蔵野市教育委員会
費用
無料
フライヤー裏面写真
むさしの発見隊「武蔵野動物観察隊4 野鳥の羽でグッズ作り」フライヤー(裏面)

日本獣医生命科学大学付属博物館

地図

イベント情報をiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページについてご意見をお聞かせください


このページに関するお問い合わせ

教育部武蔵野ふるさと歴史館
〒180‐0022 東京都武蔵野市境5-15-5
電話番号:0422-53-1811 ファクス番号:0422-52-1604
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。