高齢者支援 よくある質問

このページの情報をツイッターでツイートできます

ページ番号1003919  更新日 2017年3月22日

印刷 大きな文字で印刷

質問介護者の負担軽減を図ってほしい。

回答

紙おむつの支給などを通じて、家族介護世帯の負担軽減を図っています。平成21年度からは、従来の介護者世帯非課税要件を廃止して、本人世帯が非課税の場合を対象とするとともに、要介護度要件を拡大し、支給要件を緩和しました。
また、認知症高齢者の家族の負担を軽減するため、平成20年7月に「認知症高齢者見守り支援事業」を開始しました。この事業では見守り、話し相手、散歩の付き添いといった介護保険の対象外となっている支援を、専門研修を受けた「認知症ケアヘルパー」が行います。1週あたり4時間まで利用が可能なため、サービスが提供されている間、家族が介護から離れ、ご自身の時間を作ることも可能となっています。
市内デイサービスセンターや在宅介護・地域包括支援センターでは、「家族介護支援プログラム」として、介護家族の身体的・精神的負担の軽減につながる介護方法の講習会や、家族の交流、情報交換の会を開催しています。また、毎年介護の日(11月11日)の前後に「家族介護者の集い」というイベントも行っています。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページについてご意見をお聞かせください


このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 高齢者支援課相談支援係
〒180-8777 東京都武蔵野市緑町2-2-28
電話番号:0422-60-1846 ファクス番号:0422-51-9218
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。