社会資本総合整備計画の事後評価について

このページの情報をツイッターでツイートできます

ページ番号1014275  更新日 2016年10月24日

印刷 大きな文字で印刷

事後評価の目的

 本市の下水道事業は、武蔵野市下水道総合計画に基づき着実に事業を進めていますが、その多くは国より交付金を受けて実施するため、社会資本総合整備計画を作成しています。
 期間が終了した計画は、事後評価を実施することとなっており、評価にあたっては、評価の透明性、客観性及び公正さの確保を目的として第三者の意見を求めるため、「武蔵野市社会資本総合整備計画事後評価委員会」を設置し、実施しています。

武蔵野市社会資本総合整備計画事後評価委員会

委員名簿

氏名 (敬称略)

所属等

長岡 裕 (委員長) 東京都市大学 工学部教授
井出 多加子 成蹊大学 経済学部教授
鵜川 正樹 公認会計士

第1回委員会(平成28年8月17日)

  • 評価した社会資本総合整備計画 「武蔵野市下水道計画の推進」(平成23年度~27年度)

武蔵野市社会資本総合整備計画(武蔵野市第2期下水道計画の推進)事後評価委員会

委員名簿

氏名 (敬称略)

所属等

井出 多加子 (委員長) 成蹊大学 経済学部教授
鵜川 正樹 公認会計士
笹川 みちる 特定非営利活動法人

雨水市民の会 理事

第1回委員会(令和元年10月7日)

  • 評価した社会資本総合整備計画 「武蔵野市第2期下水道計画の推進」(平成28年度~30年度)

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページについてご意見をお聞かせください


このページに関するお問い合わせ

環境部 下水道課
〒180-8777 東京都武蔵野市緑町2-2-28
電話番号:0422-60-1868 ファクス番号:0422-51-9197
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。