新型コロナワクチン小児(5~11歳)接種について

このページの情報をツイッターでツイートできます

ページ番号1035598  更新日 2024年2月8日

印刷 大きな文字で印刷

特例臨時接種(全額公費)による接種は、令和6年3月31日(日曜日)で終了します。
・ファイザーでの初回接種(1.2回目)をご希望の場合、国で定められた実施期間内(全額公費)に完了するためには、1回目接種を令和6年3月9日(土曜日)までに受ける必要があります。
・モデルナでの初回接種(1.2回目)をご希望の場合は、1回目接種を令和6年3月2日(土曜日)までに受ける必要があります。
(注意)初回接種は、東京都大規模接種会場と東京都臨時接種会場で実施
本ページでは5~11歳のかたの接種についてお知らせします。
お子さんへのワクチン接種のメリット(発症予防等)とデメリット(副反応等)を本人と保護者が十分理解し、ワクチンを接種するか、お子さんと一緒にご検討ください。
  • お子さんに基礎疾患がある場合など、ワクチン接種についての疑問や不安があるときには、かかりつけ医等によくご相談ください。
  • 保護者のかたの同意なく、接種が行われることはありません。幼稚園や学校など周りのかたに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いします。

新着情報

令和5年秋開始接種(追加接種)について

【予約受付中】

追加接種可能な全てのかたを対象に、9月20日(水曜日)から、「令和5年秋開始接種」として1回追加接種を実施しています。
(注意)初回接種とは、5歳以上は「1・2回目接種」 、生後6カ月~4歳は「(ファイザー社製ワクチンの場合)1~3回目接種、(モデルナ社製ワクチンの場合)1・2回目接種」のこと

初回(1・2回目)接種について

東京都大規模接種会場と東京都臨時接種会場で行っています。
9月20日(水曜日)以降、初回接種にも小児用オミクロン株XBB.1.5対応1価ワクチンを使用しています。

このページの先頭へ戻る

基本情報

接種の対象

武蔵野市に住民登録のある5~11歳のかた
(注意)5歳になる誕生日の前日から12歳になる誕生日の前々日までが小児接種の対象の期間です

国は、特に、慢性呼吸器疾患、先天性心疾患など、重症化リスクの高い基礎疾患を有するお子さんには接種をおすすめしています。接種にあたっては、あらかじめかかりつけ医などとよく相談してください。
(注意)基礎疾患については下記の外部リンクをご確認ください

使用ワクチンおよび接種回数・接種間隔

1・2回目接種
使用ワクチン

オミクロン株XBB.1.5対応1価ワクチン

(ファイザー)

オミクロン株XBB.1.5対応1価ワクチン

(モデルナ)

接種回数 2回 2回
接種間隔

1回目の接種から通常3週間の間隔を空けて2回目を接種

(注意)最短で19日後からの接種が可能です。通常の接種間隔を超えた場合には、なるべく速やかに接種してください

1回目の接種から通常4週間の間隔を空けて2回目を接種

(注意)通常の接種間隔を超えた場合には、なるべく速やかに接種してください

接種対象年齢 1回目の接種日に5~11歳 1回目の接種日に5~11歳
接種量 1回0.2ml

(6カ月~5歳)1回0.25ml

(6歳~11歳)1回0.5ml

追加接種(3回目接種以降)
使用ワクチン

オミクロン株XBB.1.5対応1価ワクチン

(ファイザー)

オミクロン株XBB.1.5対応1価ワクチン

(モデルナ)

接種回数 1回 1回
接種間隔 最終接種から3カ月以上
 
最終接種から3カ月以上
 
接種対象年齢

5~11歳

6~11歳
接種量

1回0.2ml

1回0.25ml

[他のワクチンとの接種間隔]

  • インフルエンザワクチンは、新型コロナワクチンと同じ日に接種を受けることができます
  • 前後にインフルエンザ以外の予防接種を行う場合、原則として新型コロナワクチンと13日以上の間隔を空けてください

(注意)特に5歳のかたはMRワクチン、11歳のかたはDTワクチンや日本脳炎2期の定期接種との接種間隔にご注意ください。不安な場合は、かかりつけ医にご相談ください

[1回目と2回目に使用するワクチンについて]

  • 初回接種に使用するワクチンは、1回目接種時の年齢に基づいて判断します。1回目接種時に11歳だったお子様が、2回目接種時までに12歳を迎えた場合は、2回目接種も小児用ワクチンを使用します。
    また、1回目接種時に4歳だったお子様が、2回目または3回目接種時までに5歳を迎えた場合、2回目及び3回目接種も、乳幼児用ワクチンを使用します。
    (注意)ファイザー社製ワクチンを使用した乳幼児の初回接種は、3回で接種完了となります
  • 1回目と2回目の接種では、原則として同一のワクチンを接種する必要があります。使用するワクチンが異なる場合(9月19日以前に1回目を接種した場合や、医師による医学的見地から1回目と同じワクチンを接種することが困難となった場合など)においては、交互接種となるため、1回目接種日から28日以上経過している日から2回目の接種が可能です。
    (注意)1回目接種時にファイザー社製小児用2価ワクチンを使用していた場合でも、9月20日(水曜日)以降は、2回目接種はファイザー社製小児用オミクロン株XBB.1.5対応1価ワクチンを使用します

接種会場について

1・2回目接種

東京都大規模接種会場、東京都臨時接種会場で実施

追加接種

市内医療機関、東京都大規模接種会場、東京都臨時接種会場で実施

接種費用

無料

接種券について

1・2回目の接種券

小児接種の対象となる5歳以上のかたには、接種券を発送済みです。

(注意)乳幼児用の接種券を使用せずに5歳を迎えた場合は、本接種券を使用して小児接種を受けることができます
(注意)小児用の接種券を使用せずに12歳を迎えた場合は、本接種券を使用して接種を受けることができます

追加接種の接種券

(注意)未使用の追加接種の接種券をお持ちのかたには発送しません
(注意)接種券を紛失したかたや転入したかたは、接種券の発行申請をお願いします

  • 初回接種を受けたかた
    [乳幼児用接種券で初回接種を受けた場合]
    乳幼児(生後6カ月~4歳)用の接種券を5歳を迎えてから初回接種に使用した場合、3回目用の接種券を追加接種に使用することができますので、新たに接種券を発送しません。
    [小児用接種券で初回接種を受けた場合]
    最終接種日の2カ月後の月の下旬に発送します。
  • 令和5年春開始接種を受けたかた
    接種を受けたすべてのかたに発送済み

注意事項

接種当日は予診・接種に同席ができる保護者(親権者または後見人)の同伴が必要です。

【保護者が特段の理由で同伴することができない場合】

  • お子さんの健康状態を普段から熟知する親族等で適切なかたが、保護者から委任を受けて同伴することが可能です。
  • その場合、保護者が記入した委任状が必要です。委任状の様式は以下をご参照ください。
  • 予診票の保護者自署欄には、接種当日に同伴するかた(代理人)が署名してください。
  • 個別接種においても一部医療機関では、委任状を持参することで、保護者以外のかたが同伴することで接種を受けられる場合があります。事前に各医療機関にお問い合わせください。

このページの先頭へ戻る

予約受付情報

初回(1・2回目)接種

東京都大規模接種会場と東京都臨時接種会場で実施しています。

追加接種(3回目以降の接種)

個別接種

  • 接種日時:各医療機関の接種可能日
  • 接種会場:下記リンク「小児接種実施医療機関一覧」をご確認ください
  • 予約方法:医療機関によって異なるため、下記リンク「小児接種実施医療機関一覧」をご確認ください
  • 使用ワクチン:ファイザー社製のオミクロン株XBB.1.5対応1価ワクチン

東京都大規模接種会場

下記ページをご確認ください。

東京都臨時接種会場

予約キャンセル方法

このページの先頭へ戻る

住所地以外での接種について

原則として、接種日時点の住民票所在地の自治体で接種しますが、やむを得ない事情があるお子さんは、住所地以外で接種が可能な場合があります。

住所地以外で接種可能なかたの例

【申請不要】

  • 入院・入所中の医療機関や施設でワクチン接種を受けるかた
  • 基礎疾患で治療中の医療機関でワクチン接種を受けるかた
  • 副反応のリスクが高い等のため、医師の判断により、体制の整った医療機関での接種が必要なかた
  • 市町村外の医療機関からの往診により、在宅でワクチン接種を受けるかた
  • 災害による被害にあったかた
  • 都道府県等の設置する大規模接種会場等で接種を受けるかた(会場毎の対象地域にお住まいのかたに限ります)

【要申請】

  • やむを得ない事情があり住民票所在地外に居住しているかた
    (例)保護者が出産のため里帰りをしているかた
    (例)ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為等の被害を受け、住民票所在地ではない自治体に避難しているかた
申請方法

このページの先頭へ戻る

接種当日までの流れ

このページの先頭へ戻る

その他

武蔵野赤十字病院との協定の締結について

市と市医師会は新型コロナウイルスワクチン接種に伴い、被接種者にアナフィラキシーショック等の急を要する重篤な副反応が発生した場合の救急受入れについて、武蔵野赤十字病院と協定を締結しています。

厚生労働省からのお知らせ

このページの先頭へ戻る

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページについてご意見をお聞かせください


このページに関するお問い合わせ

武蔵野市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター
電話番号:03-6736-5604
平日 午前8時30分~午後5時15分