【終了しました】令和5年春開始接種について

このページの情報をツイッターでツイートできます

ページ番号1041661  更新日 2023年9月21日

印刷 大きな文字で印刷

新着情報

令和5年春開始接種は9月19日(火曜日)をもって終了しました。
9月20日(水曜日)からの接種については、下記リンク先をご確認ください。

関連ページ(厚生労働省)

情報提供資材(厚生労働省)

このページの先頭へ戻る

基本情報

接種対象者(接種対象者は以下のかた限定です)

初回(1・2回目)接種が完了した12歳以上の市民で1~3のいずれかに該当するかた

  1. 65歳以上のかた

  2. 基礎疾患を有するかた、重症化リスクが高いと医師が認めるかた

  3. 重症化リスクが高いかたが集まる場所においてサービスを提供する医療機関や高齢者施設・障害者施設などで従事するかた

上記1から3以外の初回接種を完了したかたも、令和5年秋開始接種(9月20日(水曜日)開始)で追加接種が可能になります。

接種間隔

最終接種から3カ月後の同日(同日がないかたは翌月の1日)以降

接種回数

1回

ワクチンの種類

使用ワクチン:オミクロン株対応2価ワクチン(ファイザー、モデルナ)

  • モデルナ社製ワクチンはBA.4-5対応型を使用し、ファイザー社製ワクチンは、BA.1対応型またはBA.4-5対応型を使用します。
    (注意)オミクロン株対応2価ワクチンは、BA.1対応型であっても、BA.4-5対応型であっても、オミクロン株の成分を含んでいるため、現在流行の中心であるオミクロン株に対し、従来の1価ワクチンを上回る効果が期待されています。また、従来株とオミクロン株の2種類の成分があることにより、誘導される免疫も、より多様な新型コロナウイルスに反応すると考えられるため、今後の変異株に対しても有効である可能性がより高いことが期待されています。詳しくは厚生労働省ホームページをご確認ください
  • 前回までの接種に用いたワクチンの種類にかかわらず、ファイザー社製またはモデルナ社製のオミクロン株対応2価ワクチンの接種が可能です

  • 令和5年春開始接種はオミクロン株対応2価ワクチンを1人1回接種することが基本ですが、選択肢として従来型ワクチンの、武田社(ノババックス)ワクチンを1人1回接種することも可能です

ワクチン説明書

このページの先頭へ戻る

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページについてご意見をお聞かせください


このページに関するお問い合わせ

武蔵野市健康課新型コロナウイルスワクチン接種担当
電話番号:0422-60-1986
平日 午前8時30分~午後5時15分