ワクチン接種後の心筋炎・心膜炎の発症事例について

このページの情報をツイッターでツイートできます

ページ番号1034612  更新日 2023年7月3日

印刷 大きな文字で印刷

新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎の発症事例について

新型コロナワクチン接種後に、ごくまれに、心筋炎・心膜炎を発症した事例が厚生労働省に報告されています。特に、10~20代の男性の接種後4日程度の間に多い傾向があります。接種後に胸の痛みや息切れなどの症状が見られる場合は、速やかに医療機関を受診してください。詳細は厚生労働省ホームページをご確認ください。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページについてご意見をお聞かせください


このページに関するお問い合わせ

武蔵野市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター
電話番号:03-6736-5604
平日 午前8時30分~午後5時15分