カラス対策

このページの情報をツイッターでツイートできます

ページ番号1005124  更新日 2018年2月14日

印刷 大きな文字で印刷

カラスは、春先から初夏にかけて街路樹や公園の樹木などに巣を作り繁殖します。この時期(特にヒナが巣立つ時期)は、親鳥が攻撃的になり居住者や通行人に対して威嚇攻撃をする場合があります。

カラストラップの写真
以前、市内に設置されていたカラストラップ

市では、巣が作られた樹木等の所有者に対して巣の撤去指導を行っています。近くにカラスの巣を見かけたり攻撃を受けた場合は、現地確認をいたしますので環境政策課保全係にご相談ください。

市では、増えすぎたカラスの数を抑制するため、試験的にカラストラップを設置しカラスを捕獲していましたが、条件がそろわないと市内で簡単に捕獲できないというのが現状のため、現在トラップの設置は行っていません。
カラスは、保護する鳥には指定されていませんが、野鳥であるためカラスの捕獲、巣の撤去、卵・ヒナの捕獲を行う場合は、東京都の許可が必要ですのでご注意ください。

巣の写真
撤去したカラスの巣

威嚇行動に出会った場合

カラスの巣の写真
巣(通常は葉が繁って見えにくい)
  • 威嚇は卵やヒナを守るための行動です。驚き倒れ、慌てることで起きる2次被害を防止することです。
  • 巣の近くを通らないことが一番ですが、避けられない時は、帽子をかぶったり、傘や杖などで頭を守ったりするのが効果的です。
  • よほど巣に近づかない限り、カラスは人が恐いため、後ろからのみ威嚇します。そのため、目を合わせていれば威嚇行動が取れないので、つがいのカラスの動きに注意して、その場から落ち着いて離れましょう。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページについてご意見をお聞かせください


このページに関するお問い合わせ

環境部 環境政策課保全係
〒180-8777 東京都武蔵野市緑町2-2-28
電話番号:0422-60-1842 ファクス番号:0422-51-9197
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。