武蔵野市新型コロナウイルス感染症に係る安心と活力を未来につなげる対応方針について

このページの情報をツイッターでツイートできます

ページ番号1029730  更新日 2020年7月16日

印刷 大きな文字で印刷

安心と活力を未来につなげる対応方針

市では、緊急事態宣言の延長に際して、5月13日に「新型コロナウイルス感染症に係る緊急事態宣言の延長に伴う対応方針」を策定し、感染拡大防止対策などの緊急対策を中心に取り組んできました。その後、5月25日に東京都に発令されていた緊急事態宣言が解除され、現在はさまざまな事業、経済活動が動き始めています。今回は、感染拡大防止対策に引き続き取り組むとともに、ひととまちを守り、武蔵野市の安心と活力を未来につなげるための対応方針をまちの声を聴きながら策定し、総額8億6,239万6千円の補正予算案をまとめました。

まちの経済を守り、未来につなげる支援策

感染拡大防止に引き続き取り組むとともに、人とまちを守り、武蔵野市の未来につなげるため、国の家賃支援金に市独自で上乗せする中小企業者等テナント家賃支援金や、商店会活性出店支援金、インフラ関連事業者等への感染拡大防止支援金の制度を創設し、さらなる支援を展開します。また、事業者のニーズに寄り添ったコールセンターを開設し、事業者への相談体制を強化します。

未来に向けた持続可能な医療・福祉体制の構築

今後の感染拡大リスクに備え、 PCR検査体制の充実や、医療提供体制を確保するため、持続可能性を担保した未来志向型の支援制度を構築します。また、緊急事態宣言期間中において、感染リスクに晒されながらも市民生活を支えていただいたかたに対し市独自の慰労金を支給するとともに、即戦力となる潜在的な介護職等の現場復帰を促進します。

子どもたちの未来を守る子育て・教育への支援

新型コロナウイルス感染症により特に大きな影響を受ける子育て世帯への支援を継続します。あわせて、保育施設や小中学校等の感染症対策を徹底できるよう支援を行います。

市民生活を支える議会や行政の活動を継続するための対策

市民生活を支える議会や行政の活動を確実に継続していくため、感染拡大防止対策を徹底します。また、市議会常任委員会等のインターネット中継を行い、議会等の活動について市民の知る機会を拡充します。

対応方針の具体的な取り組みについては、添付ファイルをご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページについてご意見をお聞かせください


このページに関するお問い合わせ

総合政策部 企画調整課
〒180-8777 東京都武蔵野市緑町2-2-28
電話番号:0422-60-1801 ファクス番号:0422-51-5638
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。