令和6年度旧赤星鉄馬邸の実験的活用(社会実験)

このページの情報をXでポストできます

ページ番号1047849  更新日 2024年7月18日

印刷 大きな文字で印刷

令和5年度から2年にわたり『未来へつなぐ旧赤星邸と庭園プロジェクト』として社会実験を実施します。
社会実験の活動状況をインスタグラムで発信しています。ぜひご覧ください。

旧赤星邸と庭園の実験的活用にチャレンジしてみませんか(令和6年度社会実験)

令和6年度も下記期間で旧赤星邸を実験的に活用する社会実験を実施します。
昨年度と同様の企画・運営スタッフの募集に加え、事業者や団体・グループでの活用も募集します。

社会実験の概要

社会実験期間中に活用してみたい企画、日程、場所(部屋)を募集し、必要に応じて市が各企画の調整や支援を行います。また、旧赤星邸の一般公開を同時期に開催して周知を図ります。

  • 実施期間:10月24日(木曜日)から10月30日(水曜日)までの1週間
  • 参加資格:事業者、団体・グループ、個人で所定の条件を満たす方

実験的活用ガイドライン

令和5年度の社会実験結果をふまえて、活用事例や利用に関する注意事項をまとめました。

社会実験の参加をご検討される方はまず初めにご覧ください。

募集の概要

社会実験の参加には3つの申込方法があり、社会実験の期間内に使用できる日数などが違います。

募集の区分に応じた特徴と申込期限
区分 特徴 期限
事業者
  • 市外事業者も応募可
  • 営利事業も可
  • 2日以上利用可

提案事業概要書などの提出期限

7 月31 日(水曜日)

団体・グループ
  • 市内に拠点、または市内での活動実績がある団体
  • 非営利の活動のみ(実費相当の負担は可)
  • 1日のみ利用可

(注意)事業者区分の申し込みで、団体・グループも2日以上利用可能です。

提案事業概要書などの提出期限

【1 次締切】7 月31 日(水曜日)
【2 次締切】8 月30 日(金曜日)

企画・運営スタッフ(個人)
  • 市内在住の方を10名程度募集
  • 企画会議でグループに分かれて実施内容を決定
  • 非営利の活動のみ(実費相当の負担は可)
  • 2日以上利用可

若干名追加募集中

 

事業者向けの募集について

応募方法や内容などは下記リンク先をご確認ください。

団体・グループ向けの募集について

応募方法や内容などは下記リンク先をご確認ください。

企画・運営スタッフ(個人)の募集について

申し込みは下記リンク先をご確認ください。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページについてご意見をお聞かせください


このページに関するお問い合わせ

総合政策部 資産活用課
〒180-8777 東京都武蔵野市緑町2-2-28
電話番号:0422-60-1973 ファクス番号:0422-51-5638
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。