プレーパーク

このページの情報をツイッターでツイートできます

ページ番号1006810  更新日 2022年6月29日

印刷 大きな文字で印刷

プレーパークとは、自分の責任で自由に遊ぶことを基本に、身近な素材を使っていろいろなことができる遊び場です。

大きな木の遊具が設置された公園の写真
境冒険遊び場公園の様子

プレーパークでは、普通の公園では出来ないような水遊びや泥遊び、木登りなど自然を利用した遊びから、工具を使った工作、ベーゴマなどの昔遊びなど、自由な発想で様々な遊びに挑戦出来ます。また遊び場を、常時プレーリーダーが見守り、時には遊びをリードします。親子で、また友達同士で、気軽に来場してみませんか?

(注意)新型コロナウイルス感染拡大状況により、中止する場合があります。市ホームページの新型コロナウイルス感染症の関連情報トップページからイベント・施設の休業などについてのページ(下記リンク)または関連リンクよりプレーパークむさしのホームページをご確認ください。

開催時間

水曜日から日曜日 午前10時から午後5時まで

(注意)大野田公園・松籟公園プレーパークは月4回程度開催。開催時間は大野田公園プレーパークが午前11時から午後5時まで、 松籟公園プレーパークが正午から午後6時まで。

開催日については、下記リンクを参照ください。

休園日

月曜・火曜、毎月第一木曜日、8月13日から15日、12月28日から1月4日
休園日の午前9時から午後5時の時間は一般の公園として開放しています。

開催場所

開催場所

武蔵野市にプレーパークができるまで

平成15年度、市職員による研究会で検討がはじまったプレーパークは、平成17年の「武蔵野市第四期基本構想・長期計画」に「冒険遊び場の整備」として位置づけられ具体的な検討が始まりました。現在地に公園設置が決定した後は、地域に根ざした武蔵野らしいプレーパークを目指して、多くの市民や専門家を交えた「ワークショップ」を開催、既存のプレーパークの視察・研究、一日プレーパークの実施などを積み重ね、公園の設計や運営活動について検討を続けてきました。こうして平成20年3月、ワークショップに参加した市民有志を中心にした運営団体「プレーパークむさしの」が設立され、同年7月よりプレーパークの本格実施がスタートしました。

NPO法人プレーパークむさしのについて

プレーパークを実施している団体です。地域住民のかたを中心に、プレーパークに関する事業を行う団体として設立され、平成21年4月には特定非営利活動法人(NPO法人)となりました。「みんなでつくるみんなの遊び場」を活動理念に、日々楽しく元気に活動しています。

詳細はプレーパークむさしのホームページをご覧ください。
電話番号:0422-26-9317(公園管理棟内)

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページについてご意見をお聞かせください


このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部 児童青少年課
〒180-8777 東京都武蔵野市緑町2-2-28
電話番号:0422-60-1853 ファクス番号:0422-51-9327
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。