吉祥寺東町一丁目市有地(旧平井邸)の有効活用に向けた公民連携によるサウンディング調査の結果概要を公表します(平成30年度実施)

このページの情報をツイッターでツイートできます

ページ番号1023422  掲載日 2022年3月24日

印刷 大きな文字で印刷

武蔵野市では、この地にお住まいで診療所を開設されていた故平井医師より平成23年に福祉目的で、遺贈を受けた土地について、検討の早い段階で、市場性の有無や活用のアイデアを調査する「公民連携によるサウンディング型市場調査」を実施しました。

民間事業者との「対話」を行い、5グループから活用アイデアをいただきましたので、サウンディング調査の結果概要を公表します。

(注意)サウンディング型市場調査とは、市有地等の有効活用に向けた検討にあたって、その活用方法について民間事業者から広く意見、提案を求め、対話を通じて市場性を検討する調査のことです。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページについてご意見をお聞かせください


このページに関するお問い合わせ

総合政策部 資産活用課
〒180-8777 東京都武蔵野市緑町2-2-28
電話番号:0422-60-1973 ファクス番号:0422-51-5638
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。