第三次武蔵野市行財政改革を推進するための基本方針及び武蔵野市行財政改革アクションプラン(平成21~24年度)

このページの情報をツイッターでツイートできます

ページ番号1007725  更新日 2020年6月23日

印刷 大きな文字で印刷

厳しい経済状況や、今後の人口構造の変化などが本市財政に与える影響も考慮しながら、間近に迫った都市リニューアルなどを着実に実行しつつ、少子高齢化などに伴う新たな政策課題に健全財政を維持しながら対応していくため、平成21年3月、「第三次武蔵野市行財政改革を推進するための基本方針(平成21年度~平成24年度)」を策定しました。

行政改革アクションプランは、この基本方針に基づき、「第四期長期計画・調整計画(平成20年度~平成24年度)」に掲げられている事項、「武蔵野市行財政集中改革プラン(平成17年度~平成21年度)」に掲げられた取組事項のうち継続して改革に取り組むべき事項に、今後の行財政運営の見通しなどを踏まえて新たに取り組むべき事項を加えて策定した実行計画です。

基本方針及びアクションプランとその取組状況については、添付ファイルをご覧ください。

7つの基本方針

  1. 都市インフラ公共施設などの延命化と計画的更新
  2. 事務事業などの見直しの一層の推進
  3. 適切な事業実施主体の選択
  4. 新規事業への的確な対応
  5. 効率的で効果的な市役所組織への改革
  6. 財政援助出資団体の経営責任の明確化
  7. 政規律の維持

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページについてご意見をお聞かせください


このページに関するお問い合わせ

総合政策部 企画調整課
〒180-8777 東京都武蔵野市緑町2-2-28
電話番号:0422-60-1801 ファクス番号:0422-51-5638
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。