ひとり親家庭高等学校卒業程度認定試験合格支援事業

このページの情報をツイッターでツイートできます

ページ番号1020278  掲載日 2022年8月8日

印刷 大きな文字で印刷

20歳未満のお子さんを扶養している母子家庭の母及び父子家庭の父またはそのお子さんが高等学校卒業程度認定試験の合格を目指す場合において、民間事業者等が実施する対策講座の受講費用の一部を支援します。

  • 受講前に、母子・父子自立支援員との面談が必須です。
  • 希望者は事前に電話で面談の予約をお願いします。 事前審査の後、本申請になります。
  • 児童扶養手当同等の所得制限等の受給要件があります。
  • 過去にこの給付金の支給を受けたことがないかたが対象です。 
事業内容
給付金等種別 内容
受講開始時給付金 支給対象者が指定講座の受講するために支払った入学料、受講料等の費用の30%(上限7万5千円、ただし4千円未満は給付対象外)を受講開始時に支給します。受講開始前に申請が必要です。

受講修了時給付金

支給対象者が指定講座を受講するために支払った入学料、受講料等の費用の40%に相当する額から受講開始時給付金で支給した額を差し引いた額(当該額と受講開始時給付金支給額の合計額上限は10万円、ただし4千円未満は給付対象外)を修了後に支給します。

合格時給付金

受講修了日から2年以内に試験に合格した場合、支給対象者が指定講座を受講するために支払った入学料、受講料等の費用の20%(当該額と受講開始時給付金支給額及び受講修了時給付金支給額の合計額上限は15万円)を支給します。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページについてご意見をお聞かせください


このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部 子ども子育て支援課子ども家庭支援センター ひとり親支援担当
〒180-8777 東京都武蔵野市緑町2-2-28
電話番号:0422-60-1850 ファクス番号:0422-51-9417
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。