税額 よくある質問

このページの情報をツイッターでツイートできます

ページ番号1025965  掲載日 2022年10月19日

印刷 大きな文字で印刷

質問所得税は非課税でしたが住民税は課税になりました 非課税となる基準が異なりますか

回答

所得に対する税金としては所得税と住民税があり、非課税となる基準が異なります。

所得税
合計所得金額48万円(給与収入のみの場合年間103万円)以下のかたは非課税となります。
合計所得金額48万円超の場合でも、扶養控除や社会保険料控除等の適用によって、非課税となる場合もあります。
住民税
合計所得金額45万円(給与収入のみの場合年間100万円)以下のかたは非課税となります。
合計所得金額45万円超の場合でも、扶養親族数によっては非課税になることもあります。

たとえば、45万円超48万円以下の合計所得金額のかたの場合、「所得税」は非課税ですが「住民税」は課税となります。

また、1月1日現在で、未成年者・障害のあるかた・寡婦・ひとり親の場合、合計所得金額135万円(給与収入のみの場合年間204万3,999円、65歳以上で公的年金収入のみの場合年間245万円)以下のかたは住民税は非課税となります。

所得税のお問い合わせ先

武蔵野税務署 武蔵野市吉祥寺本町3-27-1 電話番号:0422-53-1311(代表)

住民税のお問い合わせ先

市役所市民税課市民税係 電話番号:0422-60-1823

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページについてご意見をお聞かせください


このページに関するお問い合わせ

財務部 市民税課市民税係
〒180-8777 東京都武蔵野市緑町2-2-28
電話番号:0422-60-1823 ファクス番号:0422-51-9186
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。