[よくある質問]新型コロナワクチン初回接種について

このページの情報をツイッターでツイートできます

ページ番号1034729  更新日 2023年10月6日

印刷 大きな文字で印刷

制度全般について

対象者は誰ですか

接種を希望する生後6カ月以上のかたが接種の対象です。
(注意)5歳以上のかたは1・2回目接種、乳幼児(生後6カ月~4歳)のかたは、1~3回目接種で初回接種が完了となります
(注意)初回接種完了後、規定の接種間隔を空けることで追加接種を受けることができるようになります
(注意)乳幼児(生後6カ月~4歳)のかた、小児(5~11歳)のかた、12歳以上のかたで使用するワクチンなどが異なります

16歳未満の接種において、注意する点はありますか

16 歳未満のかたの接種には、原則、保護者のかたの同伴が必要です。ただし、中学生以上のかたで、予診票の接種希望書欄に保護者の署名があり、予診や接種、副反応がでた際に必ず保護者と連絡のつく電話番号を記載している場合は、保護者のかたの同伴がなくても接種を受けることができます。
 中学生の接種に保護者の同伴が条件となっている医療機関もあります。事前に接種を受ける医療機関にご確認ください。

このページの先頭へ戻る

接種券について

接種券が見当たりません。どうしたら良いですか

接種券が見当たらない場合や、初回接種を完了する前に転入手続きをしたかたは、接種券の発行申請をお願いします。なお、転出元の自治体で発行された接種券をお持ちの場合は、破棄してください。
(注意)転出前に、転出元の自治体の接種券を使用して接種済みの場合には、接種済証部分は大切に保管してください

接種券を再発行するためにはどうしたら良いですか

申請方法は、下記リンクをご確認ください。

市内転居の場合はどのような手続きが必要ですか

市内転居の場合は手続きは不要です。送付された接種券を使用できます。

接種券が武蔵野市から届いた後に引っ越しをしています。今後初回接種を希望する場合はどこで接種できますか

接種日に住民登録がある自治体で接種します。予約の取り方や接種の方法は自治体によって異なるので、各自治体へお問い合わせください。引っ越し前の自治体で発行された接種券は、誤使用を防ぐため接種済証部分を除き、破棄してください。

接種券とクーポン券は同じものですか

接種を受けた際に予診票に貼るシール(接種券)と予診のみで接種できなかった時に予診票に貼るシールを合わせてクーポン券と呼ばれることがあります。

このページの先頭へ戻る

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページについてご意見をお聞かせください


このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康課
〒180-0001 東京都武蔵野市吉祥寺北町4‐8‐10 武蔵野市立保健センター1階
電話番号:0422-51-0700 ファクス番号:0422-51-9297
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。