令和2年4月から下水道使用料を改定します

このページの情報をツイッターでツイートできます

ページ番号1026853  更新日 2020年3月9日

印刷 大きな文字で印刷

下水道事業にかかる経費のうち、原則として雨水の処理に関する経費は税金で賄われ、汚水の処理に関する経費は下水道使用料によって賄われています。
下水道ストックマネジメント計画に基づく施設の改築にかかる費用などは、世代間の負担を公平にするため市債(借金)を主な財源としており、今後市債(借金)の償還(返済)額も増加していく見込みです。そのため、下水道事業を安定的に運営し、将来急激に下水道使用料を引き上げることのないよう、財源を確保するために、令和2年4月より下水道使用料を改定することになりました。

下水道使用料体系(税抜)
排出量(一般汚水) 改定 現行
基本使用料

(基本水量8立法メートル/月まで)

490 470
従量使用料(円/立法メートル/月)    
9~20 50 50
21~30 65 60
31~50 75 70
51~100 85 80
101~200 100 95
201~500 115 110
501~1,000 140 135
1,001以上 195 190

下水道使用料単価と近隣自治体の使用料との比較(令和2年度)

改定後の1カ月当たりの使用料例と近隣自治体との比較
世帯人数
平均使用料
一カ月
市現行料金 市改定後料金 近隣A市 近隣B市 23区
1人(8立方メートル) 470円 490円 400円 410円 560円
2人(17立方メートル) 920円 940円 958円 1202円 1550円
3人(22立方メートル) 1190円 1220円 1316円 1718円 2160円
4人(27立方メートル) 1490円 1545円 1746円 2348円 2860円

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページについてご意見をお聞かせください


このページに関するお問い合わせ

環境部 下水道課総務係
〒180-8777 東京都武蔵野市緑町2-2-28
電話番号:0422-60-1914 ファクス番号:0422-51-9197
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。