企画展関連ワークショップ「学んでつくる 食べて学ぶ 関東ローム層パフェ」

このページの情報をXでポストできます

ページ番号1047400  掲載日 2024年5月15日

印刷 大きな文字で印刷

企画展関連ワークショップの参加者を募集します。

「関東ローム層パフェ」の写真
「関東ローム層パフェ」(例)
開催日

令和6年6月30日(日曜日)

開催時間

午前11時 から 午後0時30分 まで
午後2時 から 午後3時30分 まで

 

午前の部と午後の部の2回実施します。

(注意)フライヤーに記載の時間から変更になっています。ご了承ください。

対象

中高生、大人、高齢者

どなたでも(小学5年生以上)

(注意)当日、参加者以外の入場はできません。

開催場所

市民会館 料理室(武蔵野市境2-3-7)
施設案内:市民会館

内容

井の頭池遺跡群は武蔵野台地の立川ローム層、いわゆる関東ローム層中から確認されます。関東ローム層の成り立ちや遺跡の立地、石器の出土状態について学び、パフェを作って再現します。美味しく食べて旧石器時代の関東ローム層を学びましょう。

(注意)材料には乳製品、小麦、卵、チョコレートを使用します。

定員

各回8名

(定員を超えた場合抽選、市内在住・在学・在勤の方を優先します。)

申込制(抽選)

申し込み

事前申し込みが必要です。

 

下記の専用フォームからお申込みください。

(注意)申込み先と会場は異なりますのでご注意下さい。

[申し込み締切日:令和6年6月15日(土曜日)]

講師
ヤミラ 氏(おかしあそび考古学者)
講師プロフィール
慶応義塾大学大学院修士課程(史学)修了。2010年~2011年慶應義塾大学矢上文化財調査室・北杜市教育委員会で、遺跡の発掘調査・研究業務に従事。2012年よりフリーランスとして活動開始、展示制作会社にて展示を中心としたプランニングを学び、2013年より「おかし作り考古学者」、出土遺物を活用したお菓子作りワークショップや商品企画、まちづくり提案などを行う。2020年より「おかしあそび考古学者」。
考古遺物をお菓子で再現するワークショップを開催。代表作は土器片クッキー「ドッキー」。
(注意)ドッキー 実用新案権取得(実登3177048)
費用
無料
主催

武蔵野市教育委員会

市民会館

地図

イベント情報をiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページについてご意見をお聞かせください


このページに関するお問い合わせ

教育部武蔵野ふるさと歴史館
〒180‐0022 東京都武蔵野市境5-15-5
電話番号:0422-53-1811 ファクス番号:0422-52-1604
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。