ごみ収集車で火災が発生しました(令和元年12月13日)

このページの情報をツイッターでツイートできます

ページ番号1025781  更新日 2019年12月16日

印刷 大きな文字で印刷

燃やさないごみに危険・有害ごみ(電池・ライター・ガスボンベ等)を混ぜないでください

令和元年12月13日(金曜日)の燃やさないごみの収集中に、収集車のパッカー部分で火災が発生しました。
乗車していた作業員による初期消火により、すぐに消し止められましたが、収集したごみをクリーンセンターですべて降ろし、消防署による延焼防止消化活動も行われました。
原因は、燃やさないごみとして排出された卓上ライターでした。

危険・有害ごみが他のごみや資源物へ混入されると、収集時及び収集時に大変危険です。かならず分別をお願いします。
使用済みの電池・ライター等は、中身の有無にかかわらず「危険・有害ごみ」として指定の曜日にお出しください。
危険・有害ごみは赤い有害ごみ袋(ごみ総合対策課・各市政センター・各コミュニティセンターで配布)か透明または半透明の袋に「危険・有害ごみ」と書いて出してください。

火災発生原因の卓上ライターの写真
発生原因の卓上ライター

卓上ライターの写真

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページについてご意見をお聞かせください


このページに関するお問い合わせ

環境部 ごみ総合対策課
〒180-0012 東京都武蔵野市緑町3-1-5
電話番号:0422-60-1802 ファクス番号:0422-51-9950
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。