クリーンセンターでの発煙について(平成30年6月12日)

このページの情報をツイッターでツイートできます

ページ番号1019542  更新日 2018年6月19日

印刷 大きな文字で印刷

平成30年6月12日(火曜日)午前11時30分頃、燃やさないごみや粗大ごみを処理する不燃・粗大ごみ処理施設内で発煙がありました。職員による初期消火や消防署消防隊による消火活動を行い、午後1時10分に消防による鎮火確認がされました。

この発煙によるけが人、施設の損傷はありません。

鎮火確認後に消防による現場調査が行われました。燃えがらから発見された卓上カセットコンロ用ガスボンベが発見されたことから、ごみに混入した卓上カセットコンロが着火源であると考えられるとの見解でした。

カセットガスコンロや、ガスボンベを捨てる際は、適切な分別をお願い致します。カセットガスコンロは必ず電池を取り外し不燃ごみへ、ガスボンベは有害ごみの日に出すようにお願い致します。

現在、職員による搬入ごみの検査や処理施設の運転を目視による確認を強化し、通常運転を行っていますが、不燃ごみに電池の入ったままのガスコンロ、小型ライター、リチウムイオン電池などごみの混入により、大きな火災に至った場合ごみ処理が停止してしまう事態も考えられます。ごみの分別にご協力ください。

ボンベの写真
燃えがらから発見された卓上カセットコンロ用ガスボンベ

関連情報リンク

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページについてご意見をお聞かせください


このページに関するお問い合わせ

環境部 ごみ総合対策課 クリーンセンター係
〒180-0012 東京都武蔵野市緑町3-1-5
電話番号:0422-54-1221 ファクス番号:0422-51-9950
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。