現在位置 : トップページくらしのガイド暮らしの相談・困りごと低所得世帯向け制度 › 生活保護制度


ここから本文です。

生活保護制度

更新日 平成23年6月23日

何らかの理由で経済的に困窮し、生活することが難しいとき、憲法第25 条の理念に基づき定められた生活保護法による保護を受けることができます。

生活保護とは?

一生の間には、さまざまな事情で生活に困窮する場合があります。
働き手が病気や事故、その他さまざまな事情で生活に困っている場合に国が援助する仕組みを生活保護制度といいます。そして、一日も早く自分の力で生活していけるように、手助けをする制度です。

生活保護の種類

生活保護には、生活扶助、教育扶助、住宅扶助、医療扶助、介護扶助、出産扶助、生業扶助、葬祭扶助の8つの保護の種類があり、この中で、保護の対象となる世帯が必要とするものを援助します。

生活保護の要件

生活保護の受給については、世帯全員の収入と国の定める最低生活費の基準を比較して決定します。以下の4つの原則を可能な限り行っても、なおかつ生活ができない場合にその困っている程度に応じて生活保護費を決定し、支給します。

生活保護の補足性の原則
原則 内容
能力の活用 能力に応じて働くことが義務付けられています。(健康状態によって就労し、または就労に努める義務があります。)
資産の活用 土地・家屋、貯金、生命保険、車などの資産があった場合、それらを金銭に換えて生活費にあてる必要があります。(ただし、保有が認められるものもあります。)
扶養義務の履行 親子、兄弟など扶養義務者から、そのかたの生活に支障のない範囲でできる限りの援助をしてもらうこと。
他の法律や制度の活用 年金や他のあらゆる手当など、受けられるものは手続きをすること。

なお、生活保護制度に関する詳細は厚生労働省ホームページ(生活保護制度)をご覧ください。

申請手続きと相談窓口

生活保護の申請は実際にお住まいの市区町村の福祉事務所で行います。武蔵野市では健康福祉部と子ども家庭部が福祉事務所となっており、生活福祉課が窓口となっています。経済的な生活の心配事なども生活福祉課で相談を受け付けています。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 生活福祉課 生活福祉係
〒180-8777 東京都武蔵野市緑町2-2-28
電話番号:0422-60-1849 ファクス番号:0422-51-9214
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?