現在位置 : トップページくらしのガイド省エネ・エコ環境に関する助成制度 › 効率的なエネルギー活用推進助成制度(HEMSや住宅用太陽光発 …


ここから本文です。

効率的なエネルギー活用推進助成制度(HEMSや住宅用太陽光発電システム等を設置したかたへの助成)

更新日 平成28年4月1日

 市はスマートシティを実現するため、エネルギーマネジメント・省エネ・創エネを総合的に推進し、市域の総エネルギー使用量を削減することをめざしています。各家庭においては、本助成金を活用し、HEMS(ヘムス)や住宅用太陽光発電システム、住宅用太陽熱温水器、家庭用燃料電池コージェネレーションシステムを設置することで、エネルギーを効率的に使用してください。

下部のページでは、次のような助成制度に関する情報を掲載しています。

  • 助成制度の対象となるかた
  • 助成金額について
  • 提出書類
    (添付書類)助成金交付申請書、委任状、提出書類一覧
  • 申請の方法
  • HEMSの設置に関するアンケートについて
    (添付書類)HEMSの設置に関するアンケート
  • 設置にあたって
    (リンク)落雪事故の事例が報告されています

助成の対象となるかた

下記の1~3のいずれも満たすかた

  1. 平成28年4月1日から平成29年3月31日までに助成対象機器を設置した。
  2. 武蔵野市内に居住し自宅(注1)に自家用として助成対象機器を設置した。
  3. HEMS(注2)を下記のいずれかで設置した。
  • 新たにHEMSを設置
  • 新たにHEMSとHEMS以外の助成対象機器を設置し、双方の使用を同時に開始
  • すでにHEMSを設置済みであり、新たにHEMS以外の助成対象機器を設置

 (注1) 戸建住宅、集合住宅の占有部分・専用部分
 (注2)  家庭のエネルギー管理システム(HEMS)として、一般社団法人環境共創イニシアチブに登録されたもの、または同等程度の性能を持つものとして市長が認めるホームエネルギーマネジメントシステム。
 

 【同等程度の性能を持つものとして市長が認めるHEMSの要件】
 (注) 下記(1)と(2)のいずれの条件も満たすこと

 (1) 「ECHONET Lite」規格を標準インターフェースとして搭載していること。
 (2) 補助対象機器を設置した住宅において、その居住者が使用する空調、照明等の電力使用量を計測、蓄積し、電力使用量の「見える化」が実現できること。

助成の対象要件については、ページ上部の「助成制度に関する主な取扱い」もご覧ください。

 

助成金額について

助成対象機器と助成金額

助成対象機器

助成金額(注)

 

HEMS

国の「エネルギー管理システム導入促進事業(HEMS導入事業)」又は「住宅・ビルの革新的省エネ技術導入促進事業(HEMS機器導入支援事業)」において、一般社団法人環境共創イニシアチブが補助対象機器に登録している、または同等程度の性能を持つと市長が認めるもの

 3万円

 

住宅用太陽光発電システム

一般財団法人電気安全環境研究所が行う太陽電池モジュールの認証を受けたものまたはこれに準じた性能を持つもの

 

3万円に最大出力キロワット(小数点以下第2位までが算定対象)を乗じた額(1,000円未満の端数は切り捨て)

上限額…5キロワット

 

住宅用太陽熱温水器

 日本工業規格に適合した太陽集熱器及び太陽蓄熱槽により構成されたものまたは一般財団法人ベターリビングの優良住宅部品認定を受けたもの

 

5万円

 

家庭用燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム)

国の民生用燃料電池導入緊急対策費補助事業において一般社団法人燃料電池普及促進協会が補助対象機器に登録したもの

 

6万円

(注)助成金額は、助成対象機器の購入に要した経費(助成対象機器の本体価格)の2分の1相当額(1,000円未満の端数は切り捨て)が上限です。

提出書類

  1. 武蔵野市効率的なエネルギー活用推進助成金交付申請(請求)書(第1号様式)
  2. 本人確認書類の写し(運転免許証や健康保険書等(注1))
  3. HEMS機器の出荷証明書または保証書の写し(国の助成制度に認定されている事が確認できるメーカー名・型番・製造番号が記載されたもの、「ECHONET Lite」規格であることが確認できるもの)
  4. HEMS機器以外の助成対象機器の保証書等の写し
  5. 助成対象機器の領収書の写し
  6. 助成対象機器の見積書や契約書等の費用明細の写し(助成対象機器のメーカー名・型番・費用の内訳が確認できるもの)
  7. 助成対象機器を設置する前の状態を確認できる写真
  8. 助成対象機器を設置した後の状態を確認できる写真(HEMSについては計測ユニット、HEMS画面が表示されているモニタの写真(注2))
  9. 太陽光発電システムを設置した場合には、電力需給契約申込書(電力会社の承諾欄の記入のあるもの)の写し
  10. 申請者本人以外の代理申請の場合には、委任状

 (注1) ご住所確認のため両面コピーをお願いします。
 (注2) タブレットやパソコン等可。

   詳細については、「提出書類一覧」と下記の「助成制度に関する主な取扱い」をご覧ください。

申請の方法

  • 助成対象機器を設置した後に申請してください。
  • 申請の期限 平成29年3月31日(必着)
  • 1か2のいずれかの方法で書類を提出してください。
  1. 武蔵野市役所 環境政策課(西棟2階)の窓口での提出
  2. 郵送による提出

申請者本人以外の代理申請も可能ですが、代理申請を行う場合には必ず委任状を添付してください。

郵送による提出は、当該受付日の受付分の最終着の扱いとなります。また、窓口での提出よりも、助成金の交付までに時間を要する場合があります。

提出書類に不足があった場合には受付をすることができませんのでご注意ください。

HEMSの設置に関するアンケートについて

助成金交付後、「HEMSの設置に関するアンケート」を提出していただきます。

注意事項

  • 予算の範囲内で助成を行います。予算が無くなり次第、終了します。 
  • 武蔵野市以外の他の団体(国、東京都など)からの助成制度とあわせて利用することができます。
  • 現地調査を行う場合があります。
  • 交付条件に違反した場合には、交付決定を取り消し、助成金の返還を求める場合があります。 

設置にあたって

  • 太陽光パネルからの落雪事故の危険性があります。設置時には落雪対策も忘れずにお願いします。

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境政策課 計画係
〒180-8777 東京都武蔵野市緑町2-2-28
電話番号:0422-60-1841 ファクス番号:0422-51-9197
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。