現在位置 : トップページくらしのガイド子育て・青少年育成子どもに関する手当・助成障害をもつ子どものいる家庭への手当・助成 › 特別児童扶養手当


ここから本文です。

特別児童扶養手当

更新日 平成28年4月1日

特別児童扶養手当は、身体または精神に障害のある児童を監護する父もしくは母、または父母に代わってその児童を養育しているかたに支給されます。

支給要件

20歳未満の身体または精神に重度から中度の障害のある児童を監護していること

重度障害(一級)

  1. 両眼の視力の和が0.04以下のもの
  2. 両耳の聴力レベルが100デシベル以上のもの
  3. 両上肢の機能に著しい障害を有するもの
  4. 両上肢すべての指を欠くもの
  5. 両上肢のすべての指の機能に著しい障害を有するもの
  6. 両下肢の機能に著しい障害を有するもの
  7. 両下肢を足関節以上で欠くもの
  8. 体幹の機能に座っていることができない程度、または立ち上がることができない程度の障害を有するもの
  9. 前各号に掲げるもののほか、身体の機能の障害、または長期にわたる安静を必要をする病状が前各号と同程度以上と 認められる状態であって、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの
  10. 精神の障害であって、前各号と同程度以上と認められる程度のもの
  11. 身体の機能の障害もしくは病状または精神の障害が重複する場合であって、その状態が前各号と同程度以上と認められる程度のもの

中度障害(二級)

  1. 両眼の視力の和が0.08以下のもの
  2. 両耳の聴力レベルが90デシベル以上のもの
  3. 平衡機能に著しい障害を有するもの
  4. そしゃくの機能を欠くもの
  5. 音声または言語機能に著しい障害を有するもの
  6. 両上肢の親指および人差し指または中指を欠くもの
  7. 両上肢の親指および人差し指または中指の機能に 著しい障害を有するもの
  8. 一上肢の機能に著しい障害を有するもの
  9. 一上肢のすべての指を欠くもの
  10. 一上肢のすべての指の機能に著しい障害を有するもの
  11. 両下肢すべての指を欠くもの
  12. 一下肢の機能に著しい障害を有するもの
  13. 一下肢を足関節以上で欠くもの
  14. 体幹の機能に歩くことのできない程度の障害を有するもの
  15. 前各号に掲げるもののほか、身体の機能の障害または長期にわたる安静を必要とする病状が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの
  16. 精神の障害であって、前各号と同程度以上と認められる程度のもの
  17. 身体の機能の障害もしくは病状または精神の障害が重複する場合であって、その状態が前各号と同程度以上と 認められる程度のもの

支給制限

次のいずれかに該当する場合には、特別児童扶養手当は支給されません。

  • 手当を受けようとする人、対象となる児童が日本に住んでいない場合
  • 児童が肢体不自由児施設や知的障害児施設などの施設に入所している場合
  • 児童が障害基礎年金等、障害を理由として年金を受けることができる場合

手当額(月額) 平成28年4月分から

  • 一級の場合:51,500円
  • ニ級の場合:34,300円

支給方法

認定されると、請求した月の翌月分から手当が支給されます。
毎年4月・8月・11月に前月(11月は当月)分までをまとめて指定された口座に支払います。
また、認定された後も、毎年、前年分所得額および手当を引き続き受ける資格があるかどうかを確認するための「所得状況届(現況届)」の提出が必要です。

所得制限限度額

特別児童扶養手当には所得制限があります。

特別児童扶養手当所得制限限度額表
扶養人数 受給者所得 配偶者及び扶養義務者所得
0人 4,596,000円 6,287,000円
1人 4,976,000円 6,536,000円
2人 5,356,000円 6,749,000円
3人 5,736,000円 6,962,000円
4人 6,116,000円 7,175,000円
5人 6,496,000円 7,388,000円

所得とは、給与所得者は給与所得控除後の金額、確定申告のかたは 収入額から必要経費を引いた額です。
所得から次のものを控除して、所得制限限度額表を確認してください。

  • 社会保険料相当額8万円
  • 特別障害者40万円
  • 障害・勤労学生・寡婦(夫)27万円
  • 寡婦の特別控除8万円
  • 雑損・医療費・小規模企業共済等掛金の相当額
  • 配偶者特別控除相当額
  • 特定扶養親族25万円
  • 老人扶養親族・老人配偶者10万円
    (注)扶養義務者とは、原則として特別児童扶養手当受給者と同居されている直系血族(父母、祖父母、子、孫など)及び兄弟姉妹のかたをいいます。特別児童扶養手当受給者と扶養義務者間の実際の扶養・被扶養関係の有無は問いません。

認定請求方法

特別児童扶養手当を受給するには、武蔵野市子ども家庭支援センター手当医療係窓口での認定請求が必要です(市政センターや郵送では受付けていません)。

認定請求をした月の翌月分から対象となります。

認定請求に必要なもの・添付書類

  • 請求者及び対象児童の戸籍謄本(発行日より1か月以内のもの)
  • 世帯全員の住民票の写し(認定請求時にお渡しする専用の用紙で請求して下さい)
  • 振込先口座申出書(この書類は窓口にあります)
  • 児童の障害についての、所定の診断書(身体障害者手帳、または愛の手帳等をお持ちのかたは省略できる場合があります)
  • 印鑑 (認印)
  • 住民税課税証明書(所得金額・扶養親族等の人数・所得控除額の内訳のわかるもの)(発行日より1か月以内のもの)
    その年(1~6月は前年)の1月2日以降に本市へ転入のかた。証明する年は請求日の前年(1~6月は前々年)分 
  • 認定請求書(この書類は窓口にあります)

(注1)振込先口座申出書は振込先金融機関の証明または預貯金通帳の表紙裏のページのコピーが必要です。

(注2)支給要件によっては他の書類が必要ですので、子ども家庭支援センター手当医療係までお問い合わせください。

(注3)市役所に提出された認定請求の書類は都へ送付され、東京都知事が認定します。認定まで3~4か月かかる場合があります。

(注4)平成28年1月から個人番号(マイナンバー)が必要となります。詳しくは下記「個人番号確認書類・身元確認書類が必要です」を参照してください。

有期更新手続き

有期更新手続きが必要な場合は、有期満了の2か月前に文書でお知らせします。
有期満了までに診断書等を窓口へ提出されないと、有期満了日の翌月から診断書等の提出のあった月分までの手当は支給できません。

受給者への各種割引等

特別児童扶養手当の受給者は、下記の割引等が受けられます。

上下水道基本料金の免除

水道料金の基本料金と1か月10立方メートル以下の水道使用量にかかる料金(消費税相当額を含む)が免除されます。下水道料金は1か月10立方メートル以下の汚水排出量にかかる料金(消費税相当額を含む)が免除されます。

(注)1か月10立方メートルを超える水道使用量(汚水排出量)にかかる料金は免除対象外です。

 

必要書類

  • 水道料金等免除申請書(窓口にあります)
  • 水道料金領収書 (使用者番号欄にお客様番号を記入していただくために必要)
  • 特別児童扶養手当証書
  • 印鑑(認印)

(注)水道料金が共同となっている場合や、受給者が水道料金の契約者でない場合は対象となりません。

市指定家庭ごみ処理袋無料引換券の発行

ごみ処理手数料の減免措置として、一定枚数の家庭ごみ処理袋の無料引換券を交付します。
対象となるごみ袋は、「燃やすごみ」と「燃やさないごみ」用の中袋(20リットル相当)のみです。
粗大ごみのシール券、排出手数料の減免措置はありません。

  1. 手続き
    特別児童扶養手当証書とともに送付される無料引換券を持参のうえ、引換期間内にごみ総合対策課または各市政センターにてお申し出ください。
  2. 交付する家庭ごみ処理袋の枚数
    4人以下の世帯:年間110枚まで
    5人以上の世帯:年間220枚まで(ごみ総合対策課で引換券の追加交付が必要)

こんなとき届出を

申請した事項に変更があった場合、子ども家庭支援センター手当医療係への届出が必要です。
届出が遅れると、手当の支給が保留になったり、手当に過払いが生じる場合があります。

過払いについては返還していただきますので速やかに届出をしてください。

届出が必要な変更等

  • 住所変更
  • 氏名変更
  • 児童を扶養しなくなった
  • 児童が施設に入所した
  • 支払希望口座の変更
  • 障害の程度が変更した
  • その他申請した事項に変更があったとき

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部 子ども家庭支援センター 手当医療係
〒180-8777 東京都武蔵野市緑町2-2-28
電話番号:0422-60-1852 ファクス番号:0422-51-9417
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。