現在位置 : トップページくらしのガイドみどり・公園みどりの施策 › 緑化推進に関わる助成について


ここから本文です。

緑化推進に関わる助成について

更新日 平成28年5月26日

緑化推進に関わる助成を行っています。

保存樹林等に対する助成

残り少なくなった屋敷林などのまとまった樹林や大きな木、生垣などの保全のために、市は所有者の同意を得て、保存指定をしています。
樹木・樹林・生垣の保存指定を受けますと助成金が交付されます。

条件

  • 保存樹木 幹回り1.3メートル以上または高さ10メートル以上等の樹木
  • 保存樹林 面積300平方メートル以上の樹林地
  • 保存生垣 新設後3年以上経過したもので延長が5メートル以上高さが0.6メートル以上の生垣

助成金額

  • 保存樹木:1本6000円
  • 保存樹林:1平方メートル 100円
  • 保存生垣:1メートル300円

(注)いずれも、非課税地の助成金は補助金は上記の50%となります。

接道部緑化に対する助成

条件

幅員4メートル以上の建築基準法の道路に面した場所に、連続延長3メートル以上の新たに植栽したものがあり、接道面より容易に見通すことができる奥行き5メートル以内の新たな植栽。

助成対象

  • 生垣…高さ0.6メートル以上の樹木を四つ目垣または同等のものと組み合わせて列植したもの。樹木は四つ目垣より高く、葉が触れ合う程度に植栽してあること、または1メートルあたり3株以上植栽してあるの。
  • 高木…植栽時に高さが3メートル以上で、成木時の高さが5メートルを超える樹木。
  • 中木…植栽時に高さが1.5メートル以上で、成木時の高さが3メートルを超える樹木。
  • 低木…高木・中木以外の樹木と竹類。
  • 地被類…芝・シダ・ツル・草本・コケ類植物等。
  • ブロック塀撤去…新たに緑化する同位置のブロック塀等の撤去費用。

助成金額

上限単価

  • 生垣:1メートル12,000円
  • 高木:1本15,000円
  • 中木:1本4,000円
  • 低木:1本2,000円
  • 地被:1平方メートル1,000円
  • ブロック塀等撤去平方メートル4,000円

申請の流れ

必ず植栽工事前に申請してください。
塀の撤去費用も助成対象に含まれる場合は、塀を撤去する前に申請してください。

植栽工事の完了後は

「緑のまち推進課」までご連絡いただき、工事完了の立会いをお願いします。
立会い時に生垣等の工事の領収書(コピー可)及び補助金の振込先となる申請者名義の銀行口座番号(メモ書き可)を提出してください。

環境緑地の指定について

自然環境の保全をはかり、市民の健康で快適な生活環境を確保するために緑の保護、育成が必要と認められる地域で、市民の利用ができるように公開された緑地を環境緑地として指定をしています。
環境緑地に指定されると、税制の優遇措置や維持管理の支援などが受けられます。
詳しくは、お問い合わせください。

緑ボランティア団体事業助成について

緑ボランティア団体とは

市立公園等を拠点として緑の保全、緑化推進及び公園等の維持に関するボランティア活動を行う団体です。

緑ボランティア団体になると

団体の活動を支援するために、市から団体活動経費の助成を受けられます。

緑ボランティア団体になるための条件は

  • 市内の団体で、団体についての規約(会則等)があること。
  • 公園等での活動について、市と協定を締結していること。
  • 団体の主なメンバーは活動拠点となる公園等の近隣住民で、人数については10人程度以上が望ましいと考えています。

関連情報リンク

このページに関するお問い合わせ

環境部 緑のまち推進課 緑化係
〒180-8777 東京都武蔵野市緑町2-2-28
電話番号:0422-60-1863 ファクス番号:0422-51-9197
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。