現在位置 : トップページ市政情報まちづくり都市計画 › 用途地域


ここから本文です。

用途地域

更新日 平成27年6月10日

用途地域とは

用途地域等は、土地利用を規制・誘導するためのルールであり、まちづくりを進める上で、最も基本的で重要な制度の一つです。

対象地域

武蔵野市全域で、9種類の用途地域が定められています。(準住居地域、工業地域、工業専用地域の指定はありません)
用途地域は、それぞれの地域によって細かく分かれているため、場所によって異なります。概要は「東京都都市計画情報インターネット提供サービス」や添付ファイル(用途地域の概要)に記載しておりますが、建築計画等で詳細な内容が必要な場合は窓口で最新の情報をご確認ください。

武蔵野都市計画図

計画図
武蔵野都市計画図(平成27年3月) 

建築物の敷地面積の最低限度

武蔵野市では、ゆとりある住環境の保護、形成を図る観点から敷地の無秩序な細分化を防止するため、住居系の用途地域のすべてにおいて敷地面積の最低限度を定めました。

新たに建物の敷地を分割する際の敷地面積を制限するもので、敷地の細分化を防ぐことによって、日照、通風、防災などの環境の保全を図っていきます。敷地面積の最低限度は、建ぺい率40%以下の地域は120平方メートル、50%以上では100平方メートルとしています。

特別用途地区(特別工業地区)

武蔵野市では、居住環境の保全や工場の保護を図るため、工場と住宅の混在している準工業地域内に特別工業地区を指定しています。市条例によって、工場の用途や規模、風俗営業関連施設の規制を行っています。

特別用途地区(特定土地利用地区)

武蔵野市では、市条例によって大規模な学校や医療施設について、土地利用の維持を図り、地域における文教・医療の拠点としての役割や機能を保全していきます。また、土地利用転換が起こった際には、周囲の住環境に合わせた規制とします。

武蔵野都市計画図を販売しています。

用途地域等の変更を反映しました武蔵野都市計画図(6,000分の1)は、市役所7階 市政資料コーナーで800円で販売しています。
(参考)
建ぺい率、容積率、高度地区、日影規制、防火地域、準防火地域、特別用途地区について、下記に簡単な模式図等で示しています。

このページに関するお問い合わせ

都市整備部 まちづくり推進課
〒180-8777 東京都武蔵野市緑町2-2-28
電話番号:0422-60-1872 ファクス番号:0422-51-9250
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。