現在位置 : トップページくらしのガイド国保・年金後期高齢者医療 › 保険料について


ここから本文です。

保険料について

更新日 平成28年6月13日

 75歳の誕生月から被保険者一人ひとりが保険料を納めます。75歳未満で申請により資格を取得したかたは、その月から保険料を納めます。なお、「均等割額」と「所得割額」の合計額が年間(4月から翌3月まで)の保険料となります。

保険料の算定

 保険料は、均等割額(加入者に等しくご負担いただく部分)と所得割額(加入者の所得に応じてご負担いただく部分)の合計額となります。

均等割額所得割額=保険料

  • 毎年7月中旬に1年分の保険料を決定し、保険料のお知らせを発送します
  • 東京都の区域内では所得割率は同一です
  • 均等割額と所得割率は2年に一度見直されます
  • 保険料の賦課限度額は57万円です(平成28年度および29年度)
  • 後期高齢者医療制度への加入前日まで会社の健康保険等の被保険者に扶養されていたかたは、保険料が均等割額(9割軽減)のみとなります
  • 被保険者となった月から保険料がかかります
  • 他の市区町村から転入されたかたは転入の月から、また他の市区町村へ引っ越されたかたは転出の前月まで、武蔵野市で保険料がかかります
  • 被保険者が亡くなられたときは、亡くなられた日の前月分(月の末日の場合はその月を含む)まで保険料がかかります
  • 東京都外から転入されたかた、または税金の申告が遅れたかたで、前年の所得が把握できない場合は、いったん均等割額だけを通知し、その後前年の所得が分かり次第変更通知を送付します

均等割額

 均等割額は年間42,400円です。ただし、この均等割額は世帯(世帯主と被保険者全員を合算)の所得に応じて、下記の表のとおり軽減されます。

保険料均等割額の軽減一覧表
軽減割合  軽減後の均等割額(年間) 総所得金額等の合計が下記に該当する世帯
9割軽減 4,240円 33万円以下で被保険者全員が年金収入80万円以下(その他の所得がない)
8.5割軽減 6,360円 33万円以下で9割軽減の基準に該当しない
5割軽減 21,200円 33万円+(26万円×被保険者の数)以下  
2割軽減 33,920円 33万円+(47万円×被保険者の数)以下

 

所得割額

 所得割額の計算方法は以下のとおりです。
 (総所得金額等-33万円)×保険料率(9.07%)=所得割額
 ただし、厚生年金の一般的な収入211万円(旧ただし書き所得58万円)までの所得階層のかたを対象に、下記の1から3までの所得割額の減額を行います。

  1. 基礎控除(33万円)後の総所得金額等が15万円以下のかた…所得割額を全額減額
  2. 基礎控除(33万円)後の総所得金額等が20万円以下のかた…所得割額の7.5割を減額
  3. 基礎控除(33万円)後の総所得金額等が58万円以下のかた…所得割額の5割を減額

 (注)1及び2については、東京都広域連合独自の軽減措置です。

関連情報リンク

このページに関するお問い合わせ

市民部 保険課 後期高齢者医療係
〒180-8777 東京都武蔵野市緑町2-2-28
電話番号:0422-60-1913 ファクス番号:0422-51-9301
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?