現在位置 : トップページくらしのガイド母子保健妊娠したら › 妊婦健康診査


ここから本文です。

妊婦健康診査

更新日 平成28年4月1日

妊娠届出をされたかたに、妊婦健康診査受診票14枚、妊婦超音波検査受診票1枚、妊婦子宮頸がん検診受診票1枚を交付します。

受診票を利用することで、東京都管内委託医療機関で健診を受ける際に、健診費用の一部について助成が受けられます。
助産所及び里帰り等で東京都以外の医療機関で受診された場合も、申請により市の助成が受けられます。

平成28年度から妊婦健康診査の公費助成を拡充しました

4月1日から、公費助成を行う妊婦健康診査の検査項目に、HIV抗体検査(1回目の健診で実施)(注)と子宮頸がん検診を追加しました。

4月1日以前に妊婦健康診査の受診票を交付されたかたで、主治医と相談のうえ4月1日以降に子宮頸がん検診を受診するかたは健康課で受診票の交付申請をしてください。

(注)HIV抗体検査とは、エイズ(後天性免疫不全症候群)の原因ウイルスであるHIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染しているかを調べる検査のことです。

制度の詳細

交付枚数は、妊婦健康診査受診票14枚、妊婦超音波検査受診票1枚、妊婦子宮頸がん検診受診票1枚です。
妊婦健康診査の公費負担額は毎年改定があります。
助産所及び里帰り等で東京都以外の医療機関で受診された場合も、申請により市の助成が受けられます。(申請は健康課窓口のみ)
母子健康手帳の交付を受ける前の受診は、この制度の対象外です。
ご不明な点等ございましたらお問い合わせください。

(注)妊婦健康診査は無料券ではありません。受診票に掲載されている検査項目について助成するものです。それ以外の健診については費用が発生しますのでご了承ください。

対象

妊婦

場所

都内委託医療機関

受診票の交付枚数について

交付枚数

妊婦健康診査受診票14枚、妊婦超音波検査受診票1枚、妊婦子宮頸がん検診受診票1枚を交付します。

転入者の場合

東京都内から武蔵野市に転入されたかたで、既に母子健康手帳の交付を前住地で受けている場合は、前住地で交付された受診票をそのままお使いいただけます。
(ただし、都内前住地で妊婦超音波検査受診票、妊婦子宮頸がん検診受診票が交付されなかった場合には、武蔵野市で申請に基づき交付します)
なお、東京都以外から転入した場合は、前住地で交付された受診票は一切使えないので、申請に基づき交付します。申請は母子健康手帳・前住地で交付された受診票・印鑑を持って健康課(保健センター)または子ども家庭支援センター(市役所3階)へお越しください。

里帰り等により東京都以外の医療機関や助産所で受診した場合の助成金申請について

対象者

受診時に武蔵野市に住民登録があるかた

助成額

申請に基づき費用の一部を助成します。
受診票に記載された検査項目を実施した場合に公費助成する金額を上限(ただし実費分まで)として助成。

申請方法

分娩の日から1年以内に母子健康手帳・未使用の受診票・受診時の領収書・印鑑・振込先が分かるものを持って健康課(保健センター)へ。

  • 母子健康手帳の「妊娠中の経過」ページに記載されている日付・医療機関名と領収書に記載されている日付・医療機関名が一致していないと対象になりません。
  • 税務署への医療費控除の申請を予定されている場合は、健康課に助成の申請を済ませてから税務署への申請を行ってください。先に医療機関控除の手続きをされますと市の助成は受けられませんのでご注意ください。
  • 海外での受診は対象になりません。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康課
〒180-0001 東京都武蔵野市吉祥寺北町4‐8‐10 武蔵野市立保健センター1階
電話番号:0422-51-0700 ファクス番号:0422-51-9297
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。